TOP > お役立ち情報 > プラネッ太くんの社会科見学 > 株式会社インテック 万葉スクエア

プラネッ太くんの社会科見学

大伴家持の愛した風光明媚の地で末永い発展を支える最新鋭ITステーション

 (PLANETvanvan 2012年夏号 掲載記事より)

プラネットのサービスをシステム面で支える株式会社インテックは2010年、首都圏・関西圏の両エリアからアクセスしやすい北陸に「インテック万葉スクエア」を開設しました。昨年の東日本大震災を機に、災害対策やBCP(事業継続計画)の見直しを図る企業が増えている現在、日本海側にあるデータセンターとして、大いに注目されています。今回は、「インテック万葉スクエア」の信頼性を支える最新の免震構造と万全の災害・セキュリティ対策をご紹介します。

INDEX

今回おじゃましたのは… 株式会社インテック 万葉スクエア http://www.intec.co.jp/

万葉の地で皆様と共に末永い発展を

 当データセンターの万葉スクエアという名称は、社員の応募から採用されたものです。ここ高岡市は、万葉の歌人・大伴家持が越中国守として赴任した土地で、万葉集に残っている家持の歌473首のうち223首が、この地に在任した天平18(746)年からの5年間に詠まれました。このような歴史的背景が、名称の由来となっております。また、万葉という言葉には“よろずの世に渡る”という意味もございまして、私どもの使命である継続性を象徴しているのに加え、お客様や地域の皆様と共に“万世” “万代”末永く発展していこうとの願いも込められています。

 建物の外観には地域の伝統建築に多く見られる“千本格子”を意匠に取り入れ、その素材には地域の代表的な産業であるアルミ製品を使用しております。さらにビル正面の銘板には、これもまた地域の伝統産業である銅鋳物を用いました。ちなみに、高岡市は美術銅器の全国シェア90%を誇る土地柄です。今から400年ほど前、当時越中・加賀一帯を治めていた前田利長公が高岡築城に際し、高岡に鋳物工場を開設したことに始まり、 その技術と品質は“高岡銅器”として現代まで受け継がれております。

 当社が創立50周年を迎える2014年には、北陸新幹線も開通する予定です。当センターはその新高岡駅(仮称)に隣接しており、伝統と未来が調和する新駅周辺の景観にも配慮したデザインとなっているんですよ。

万葉の地で皆様と共に末永い発展を

堅牢で信頼性の高いデータセンター

 万葉スクエアの最大の特長は、なんといってもその堅牢性にあります。まずは耐震性ですが、天然ゴム・オイルダンパー併用の全体基礎免震構造と設備機器の個別固定(架台設備、アンカー固定など)によって、震度6強の地震にも耐えうる構造となっております。さらに雨量計や雷センサーなどを設置してゲリラ豪雨や洪水、落雷等の自然災害に備えておりますし、給電方式やさまざまな設備管理システムを組み合わせて構築しておりますので、火災、浸水、停電に対する備えも万全です。

 もちろんセキュリティに関しても対策は徹底しております。ICカード、生体認証での入退館識別装置、多段階のアクセス制御によるセキュリティレベル管理、館内警備モニターによる防犯監視によって何重ものチェック機能を設け、信頼性の高いサービスを実現しているのです。

 昨年の東日本大震災以降、BCPに関する企業の意識も高まっていますが、富山県は地震が少ないことからも、BCP対策に適した立地条件にあります。インテックは、本社のある富山県と首都圏に複数、さらに関西にも自社データセンターを所有しており、これらを広帯域のネットワークで接続しております。なんらかのアクシデントによりネットワーク障害が生じた場合でも、速やかに対応できますので、どうぞ安心してお任せください。

堅牢で信頼性の高いデータセンター

「女子力」が活きる環境づくり・「インテックキッズホーム」(富山市)

 今年3月、中央経済社から『IT女子がそっと教える究極の「女子力」活用法』という書籍が発売されました。これは、インテックの女性社員4名が執筆したもので、IT業界で働く女性たちの仕事術をメインに構成されています。企業の発展には、女性特有の能力が不可欠。そのためには、労働環境の整備がたいへん重要です。同書に綴られた女性たちのリアルな声は、IT業界に限ったものではなく、多くの企業に共通するものではないでしょうか。

 同書でも紹介されている本社の事業所内保育施設「インテックキッズホーム」(富山市)は、2007年に開所しました。定員50名は、事業所内託児所としては富山県内最大規模で、現在は0歳から3歳まで計十数名の利用があります。8名の保育士によって運営されており、インテックのグループ社員はもちろんのこと、近隣企業にお勤めの方にもご利用いただけます。これは、社員の仕事と育児の両立を支援するとともに、地域にも貢献する企業でありたいという思いから実現しました。利用者からは、「職場に近くてありがたい」「何かあったらすぐに対応できるので安心」といった声が多く聞かれます。夏場には、プールで水遊びをする子どもたちをお母さんたちが会社の窓から眺めている、というほほえましい光景も見られるんですよ。

「女子力」が活きる環境づくり・「インテックキッズホーム」(富山市)

ページトップへ

お役立ち情報