TOP > お役立ち情報 > もっと知りたい!プラネットのサービス > 標準取引先コード(2)

もっと知りたい!プラネットのサービス Vol.02 標準取引先コード

前号では、「標準取引先コード」の意味合いや役割、そして取引先データベースの登録内容やメンテナンス方法を主にご説明しました。今回は、「標準取引先コード」がEDIにおいて、実際にどのように利用されているのかをご紹介します。

  • 1. 概要のご紹介
  • 2. EDIデータでの利用イメージ
  • 3. 卸売業におけるコードメンテナンスのフロー
  • 4. メーカーにおけるコードメンテナンスのフロー

EDIデータでの利用イメージ

EDIの各データでは、以下のように標準取引先コードが利用されています。

EDIデータでの利用イメージ

標準取引先コードがセットされる主な項目

発注データ

仕入データ

販売データ

 上図の様に、日々送受信される発注・仕入データでは「発注元コード」や「お届け先コード」、そして「お得意先コード」に標準取引先コードが設定されております。

 また販売データでは、「販売店コード」に標準取引先コードが設定されているので、複数の卸売業からデータが送られてきてもコード変換が効率的に実現できます。

 みなさまから新店や変更、閉店の正確な情報を早期にご連絡いただきますと、取引先データベースがより正確になり、ユーザーのみなさまの業務効率化につながります。

 今後も情報提供にご協力くださいますよう、なにとぞ宜しくお願い申し上げます。

 コード検索や情報提供の方法など、取引先データベースWeb機能の操作手順を右ページでご紹介します。

「標準コード照会票」をFax送信してコード照会をご利用のお客様へ 便利機能のご案内

取引先データベースWeb機能の操作手順

小売店の検索

トップ画面の「キーワード検索」からスピーディーに検索
トップ画面の「キーワード検索」からスピーディーに検索

「条件指定検索」で複数条件を選択して検索
「条件指定検索」で複数条件を選択して検索

標準取引先コードの照会

検索した小売店の登録がなかった場合は、「センター照会」にて標準取引先コードを照会ください。「条件指定検索」の画面から「DBセンター問い合わせ」ボタンをクリックすると検索時に入力した情報が自動反映されますので、スムーズにお問い合わせいただけます。

標準取引先コードの照会

変更連絡

検索結果が照会内容と異なる場合は、お手数ですが情報提供にご協力ください。「センター照会」画面の「変更連絡」タブをクリックして、標準取引先コードと変更箇所を入力してお知らせください。

変更連絡

便利な「メーリングリスト設定」のご紹介

センター照会や変更連絡への回答が取引先データベースWeb機能の画面にセットされると、メールでお知らせする機能をご用意しています。設定ご希望の方は、「センター照会」「 変更連絡」画面内のリンクや、トップ画面下の「メールアドレス設定」ボタンをクリックして、送信先のメールアドレスをご登録ください。

便利な「メーリングリスト設定」のご紹介

標準取引先コードについてのお問い合わせ先

株式会社プラネット DBセンター

Tel.03−5962−0813

E-mail code-center@planet-van.co.jp

取引先データベースご利用のお申し込み先

株式会社プラネット コールセンター

Tel.03−5962−0811

E-mail sc@planet-van.co.jp

※平日16時までにコードをご照会いただけましたら、当日中にご回答申し上げます。

ページトップへ

お役立ち情報