TOP > 卸売業様向け > 基幹EDI

基幹EDIサービス基幹EDIパンフレット(4ページ|1.27MB)

基幹EDIサービスは、メーカーと卸売業の商取引の基幹となる受発注、出荷、請求・支払などの電子データ交換(EDI)を、数多くの取引先と確実に効率よく行うサービスです。
このサービスは、日用品・化粧品、ペットフード、ペット用品、理美容業界、OTC医薬品業界などで既に多くの企業に利用されています。
卸売業は、基幹EDIサービスを利用すると以下のメーカーとEDIができます。

基幹EDI利用 メーカー一覧卸売業一覧

  • 1.標準化されたEDI
  • 2.基幹EDIサービスの特徴
  • 3.100%EDIを実現する
  • 4.相互変換機能

3.100%EDIを実現する

基幹EDIサービスは、利用している企業間では効率の良いEDIが行われますが、基幹EDIの準備ができていないメーカーとは当然ですがEDIの接続はできません。とはいえ、EDI利用による業務のスピードアップやコストダウンは卸売業にとって大きなメリットです。なんとかしてすべての取引先と100%EDIを行いたいと考えます。
そこで、プラネットは卸売業のEDI比率を上げるため、EDIを補完するサービスとしてFAX発注システムサービスやWeb発注サービスを用意しました。

FAX発注システムサービス

発注データをFAXに変換してメーカーに出力することができます。
発注票は業界標準の「業際標準フォーマット」に準拠しています。
このサービスを使って、基幹EDIを利用する多くの卸売業が100%オンライン発注を実現しています。

FAX発注サービス

Web受注サービス

卸売業が送信した発注データを、メーカーがパソコンで受信することができます。
画面に表示された発注データは、プリンターに印刷するか、ファイルでダウンロードすることができます。

Web受注サービス

ページトップへ

卸売業者様向け