TOP > 卸売業様向け > 基幹EDI

基幹EDIサービス基幹EDIパンフレット(4ページ|1.27MB)

基幹EDIサービスは、メーカーと卸売業の商取引の基幹となる受発注、出荷、請求・支払などの電子データ交換(EDI)を、数多くの取引先と確実に効率よく行うサービスです。
このサービスは、日用品・化粧品、ペットフード、ペット用品、理美容業界、OTC医薬品業界などで既に多くの企業に利用されています。
卸売業は、基幹EDIサービスを利用すると以下のメーカーとEDIができます。

基幹EDI利用 メーカー一覧卸売業一覧

  • 1.標準化されたEDI
  • 2.基幹EDIサービスの特徴
  • 3.100%EDIを実現する
  • 4.相互変換機能

2.基幹EDIサービスの特徴

24種類のデータフォーマット

日用品・化粧品と家庭紙業界が採用した「業際統一伝票」に基づく項目をベースに、メーカーと卸売業が協力して、業界で必要なデータフォーマットをすべて洗い出し、標準化しました。

A 発注データ 卸売業がメーカーに商品を注文した内容を示すデータ
卸売業は、発注データをメーカーに送信することで、電話やFAXによる人的な発注業務がなくなり、発注ミスの防止と発注処理のスピードアップが図れます。
発注データとは
B 仕入データ メーカーが卸売業に商品を納品し売り掛けた内容を示すデータ
仕入データを卸売業の自社システムに自動取り込みすることで、メーカーから郵送される伝票待ち時間が短縮され、かつデータ入力業務がなくなるために、正確で速やかな買掛計上処理ができます。
仕入データとは
C 請求照合データ メーカーが卸売業に代金を請求する内容(請求内訳書)を示すデータ
卸売業は、請求照合データを自社の買掛データと自動照合することで、違算処理が効率よく迅速に行えます。
請求照合データとは
D 販売データ 卸売業が小売業等に商品を販売した内容をメーカーに示すデータ
卸売業は、販売データをメーカーに送信することで、メーカーへの月末の販売実績の集計報告が不要になります。
販売データとは

基幹EDIは、データフォーマットに定義された項目の使い方まで標準化しています。
これにより、卸売業のコンピュータシステムは、メーカー毎に項目内容の違いを処理する変換プログラムを開発することなく、常にローコストで安定したパフォーマンスを発揮することができます。

標準取引先コードの登録・メンテナンス

プラネットでは、小売業の店舗や卸売業の支店・物流センターに標準取引先コードを符番します。標準取引先コードは、プラネット内に常設しているDBセンターが『取引先データベース』に登録・メンテナンスを行ない、基幹EDIを利用しているメーカーと卸売業に情報公開をしています。

基幹EDIは、すべてのEDI接続企業が自社コードではなく標準取引先コードを利用してEDIを行います。これにより、卸売業の合併や拠点統合などが行われた場合でも、標準取引先コードはそのまま利用できます。

運用サポート

EDIをサポートする付帯サービスを合わせて活用いただくことにより運用担当者の負荷を軽減します。

  • メーカーとのEDIの通信状況をリアルタイムに確認できる『Web運用照会サービス』
  • 送信したEDIデータで振分エラーが発生した場合にeメールでエラー内容を通知する『チェックリストメール連絡サービス』
  • 自社のシステムトラブルで正常にEDIデータを受信できない時、代替手段としてEDIデータを受信できる『緊急時データダウンロードサービス』

なども基幹EDIサービスに含まれています。

さらに、電話で問い合わせができる基幹EDI専用のコールセンターがあります。
これにより、卸売業の運用担当者はネットワークの問題はプラネットに、データの中身の問題はメーカーの担当者に連絡するというように、対応の切り分けがはっきりします。また、プラネットにはいつもネットワークと業界標準に詳しい専門家が常駐しているため、問題を早期に確実に解決することができます。

基幹EDIサービスのご利用メリット

1 スピードアップ コード変換の自動化、手入力作業が不要
2 コストダウン 発注票レス(FAX代、電話代)、接続先企業ごとの個別のシステム対応が不要(標準化対応)
3 安心、安全性 365日稼働、運用サポート、3重化のバックアップ体制

ページトップへ

卸売業者様向け