TOP > お役立ち情報 > プラネッ太くんの社会科見学 > nepia千のトイレプロジェクト

プラネッ太くんの社会科見学

おかげさまで、3年目へ……「nepia千のトイレプロジェクト」

(PLANETvanvan 2010年秋号 掲載記事より)

家庭紙メーカーならではの視点で、2008年からユニセフと共に「nepia千のトイレプロジェクト」を展開している王子ネピア株式会社。今年で3年目となるこの活動において、支援の輪を広げるべく奮闘しているプロジェクトメンバーのお二人にお話を伺いました。

INDEX

今回おじゃましたのは… 王子ネピア株式会社 nepia千のトイレプロジェクト http://www.nepia.co.jp

きっかけは、「うんち教室」から

 我が社では、「千のトイレプロジェクト」に取り組む1年前の2007年から、首都圏で「うんち教室」を開催しておりました。

これは、子どもたちにトイレやうんちの大切さを知ってもらい、自分の健康にもっと興味を持って欲しいと願って日本トイレ研究所との協力によってスタートしたものです。
 小学生(特に低学年男子)のなかには、学校のトイレでうんちをする事に抵抗を感じている子が少なくありません。そこで、家庭紙メーカーという立場から、こういった事態をなんとか改善できないものかと考えて取り組みました。おかげさまで、「学校
でもうんちをがまんしなくなった」「いいうんちが出るように、苦手だった野菜が食べられるようになった」「自分の体調のことを考えるようになった」など、嬉しい声がたくさん届いております。

 これまでは年に5校で開催し、一回あたりの参加児童は50名から100名でしたが、100校近くもの小学校から開催要望が寄せられるため、昨年から先生にうんち教室の運営方法を教える研修会も開始しました。その結果、のべ3,000名もの子どもたちに受講いただくことができました。今後も学校訪問と研修会の2本立てで進めてゆく予定です。
 この活動がきっかけとなり、より広く世界の衛生問題に目をむけた活動として、「千のトイレプロジェクト」がスタートしました。

うんち教室

「nepia千のトイレプロジェクト」とは

私たちは普段当たり前のようにトイレを使っていますが、世界に目を向けると、トイレの不備や不衛生な水を飲み水として使用していることによっておなかをこわし、脱水症状などで命を落とす子どもが年間140万人を超えているというのが実状です。トイレットペーパーをお届けする企業として、何かお手伝いできることはないかと思ったのが、活動のきっかけです。

このプロジェクトでは、毎年一定のキャンペーン期間を設け、消費者のみなさまにご購入いただいた対象商品売上の一部を我が社からユニセフに寄付し、東ティモールの"水と衛生に関する支援活動"に活用される仕組みとなっております。

 ご存じのように東ティモールは、かつては独立紛争や内戦で混乱していましたが、現在はアジアで一番若い国として知られています。独立を果たしたとはいえ、衛生面ではまだまだ課題が多く、農村部人口の約65%がトイレを利用できない環境にあります(2007年ユニセフ調べ)。

マーケティング本部 商品企画部 部長 nepia千のトイレプロジェクトリーダー 今 敏之さん

nepia千のトイレプロジェクト

活動を通じて

おかげさまで、2008年、2009年ともに目標である千以上の家庭用トイレが設置できました。この他、我々プロジェクトスタッフが定期的に東ティモールへ向かい、学校やコミュニティ(集落)のトイレ・給水設備の建設、修復のようすを視察したり、自ら学校で現地の子どもたちに対して「うんち教室」を開くなど、単に売上の寄付には留まらない、様々な活動を展開しております。この成果は、消費者と販売店のみなさまのご理解とご協力によって得られたものだと感謝しております。

 私たちのプロジェクトは、ほんのささやかなお裾分けに過ぎませんが、それが誰かの笑顔につながっていることを支えに、今後もより多くの方々にご賛同いただけるよう活動を展開してまいります。ちなみに今年は、9月1日(水)から12月31日(金)までキャンペーンを行いますので、どうぞよろしくお願いいたします。

「nepia千のトイレプロジェクト」活動詳細 http://1000toilets.com/

ページトップへ

お役立ち情報