TOP > お役立ち情報 > プラネッ太くんの社会科見学 >くすりミュージアム

プラネッ太くんの社会科見学

くすりと、もっと仲良くなれるくすりの情報発信基地

 (PLANETvanvan 2014年秋号(Vol.104) 掲載記事より)

「革新的医薬品を継続的に創出し、多様な医療ニーズに応える医薬品を提供することで、世界中の人々の健康で豊かな生活に貢献する」ことを企業理念に掲げる第一三共グループ。今回の訪問先である「Daiichi Sankyo くすりミュージアム」(以下、くすりミュージアム)は、その理念が具現化された場所でもあります。“見る・聞く・触れる”展示を巡りながら、くすりについて楽しく学んできました。

INDEX

今回おじゃましたのは… Daiichi Sankyo くすりミュージアム

くすりについての理解を深め、より身近に感じていただくために

 くすりミュージアムがある日本橋本町三丁目一帯は、江戸時代から薬種問屋が数多く軒を連ねていました。当時の川柳に「三丁目匂はぬ店は三、四軒」と詠まれるほどで、あちらこちらから薬のにおいが漂っていたであろうことが連想されます。今でもこのあたりには、当社をはじめ製薬企業の本社が多数ありますし、大型商業施設も近いことから、朝から晩まで大勢の方々が行き交っています。その様子は、江戸時代の賑わいに通じるのではないでしょうか。
 このような土地にあって当施設は、一企業の立場を超えて公共性を有した“くすりの情報発信基地”として、2012年2月にオープンしました。来館者の年齢層は幅広く、小さなお子様と一緒のご家族、ご高齢の方、近くにお勤めの方やお取引先様など、実にさまざまです。おかげさまで、今年の8月末にはご来場者数が36,000名を超えました。なかには「買い物帰りに入ってみました」とおっしゃる方もいらして、気軽にお立ち寄りいただけるスペースになっていることをたいへん嬉しく思っています。なぜなら、日本橋の街づくりに寄与することが、開館の目的のひとつでもあったからです。
 ところで、“薬育”という言葉をご存知でしょうか? 薬育とは、児童・生徒の健康的な生活を支えるために重要な役割を果たしている医薬品の正しい使用法、副作用などについての知識を、子どものうちから身につけよう、という試みで、学習指導要領の改訂によって2012年度からは、中学保健体育で“医薬品の正しい使用”という単元が設けられるなど、本格的な活動がはじまっています。来館者には、学校の社会科見学や修学旅行生のグループも多く、当施設はくすりに関する教育支援の場としても活用されています。
 これからも多くの方に、当施設を通じて、くすりについてよりよく知っていただけることを願っております。

“見る・聞く・触れる”で、体験しながら楽しく学べる

 くすりミュージアムは、見たり、聞いたり、触れたりしながら学べる体験型の施設です。私どもは、安心・安全で、信頼できるくすりをつくるとともに、くすりに関する情報を社会に広く普及する責任を担っています。そこで当施設では、くすりについて楽しみながら学ぶことで、くすりの大切さを正しく理解していただけるような展示にしました。
 まず2F受付でICチップ内蔵のメダルをお渡ししますので、そのメダルを「カプセルエントリー」で登録します。メダルを各コーナーにあるコントローラーに置くと、ここで選択した言語(日本語、英語、中国語)でミュージアム内の解説を見聞きできます。展示フロアは、実験室をイメージした近未来的なデザインになっており、各コーナーを巡りながら「くすりの働きや仕組み」「くすりづくり」「くすりと日本橋」などについて知ることができます。特に、“くすりの動き”を示す人体模型を用いた展示(注射、経口、坐薬などのタイプ別に、薬がどのように作用するかがわかる)の反響が大きく、「薬がどんなルートで体内をたどるのか、ひと目でわかる」と好評です。
 ほかにも、画面の案内に従ってメダルを回したり押したりしながら参加するクイズやゲーム、映像や音声など、全部で22のコーナーがあり、じっくり見てまわると90分ほどかかります。そのため、「想像以上に見応えがありました」「前回時間が足りなかったので、また来ました」という声も多く頂戴しております。

ミュージアムのロゴについて

  くすりミュージアムのロゴは、「薬」という文字のなかにある「楽」に、知る・学ぶといった活動の象徴である虫眼鏡をかざすという構図によって、くすりについて知る楽しさを表現しています。当社のロゴにも用いられている青と、命(ハート)を
イメージさせる赤を用いて、リズミカルな配色にしました。
 ちなみにこのロゴは、1F受付で販売しているクリアファイルやタンブラー、ネクタイなどのオリジナルグッズにも使われ
ているんですよ。

ご利用案内(詳しくは http://kusuri-museum.com/guide/をご覧ください)

●開館時間 午前10時〜午後6時 (入館は閉館30分前まで)
●開館日  火曜日〜日曜日、祝日、振替休日
●休館日  月曜日、年末年始 (月曜日が祝日・振替休日の場合は開館、翌日休館)
●入館料  無料
●団体見学 10名様以上でご見学の際は、ご見学希望日の2週間前までに
       ホームページ上の「団体見学フォーム」にご入力ください。

ページトップへ

お役立ち情報