TOP > 会社案内 > ニュースリリース > 消費財・流通業界の標準ネットワーク「プラネット」がEDIサービス料金を値下げ

ニュースリリース

一覧ページへ

[ 2010年10月13日 ] 株式会社プラネット
プラネットニュース No.97

消費財・流通業界の標準ネットワーク「プラネット」がEDIサービス料金を値下げ

 メーカー・卸売業間で日々発生する受発注・仕入・請求・在庫・販売業務など取引データの通信を行なうネットワークシステム(EDIシステム)を業界インフラとして構築・運営している株式会社プラネット(本社:東京都港区、代表取締役社長:玉生弘昌)は、2011年1月からサービス料金を値下げします。

 プラネットは“社会的存在である業界インフラとしての使命”から、コストダウンの成果の一部をサービス料金の値下げを通じて、ユーザーへ還元することを基本方針にしており、この料金値下げは1985年のプラネットの創業以来8回目となります。値下げ幅は各ユーザーのサービス利用状況により異なりますが、平均3%の値下げとなります。

 プラネットでは2011年にEDIセンターマシンの入替を予定しています。新しいセンターマシンはプライベート・クラウド環境を採用し、従来以上のシステム安全性の向上とディザスタリカバリ(災害復旧)の能力強化を図ります。この新しいセンターマシンのコストパフォーマンスの向上と、旧来のアナログ通信方法を全廃しインターネット技術を用いたデジタル通信方法に切り換えたことにより、原価低減効果が見込まれることから、この度のサービス料金値下げを決定いたしました。

 プラネットの過去の料金値下げは功を奏しており、創業時は約100社であったユーザー数が現在は約1,000社となるなど、ネットワークは着実に拡大しています。プラネットでは今回の値下げにより、隣接業界も含め今後一層のユーザー拡大と、通信処理データ量の増加を見込みます。

<第8回料金値下げのポイント>

  • 販売データを除く全データ種のEDI通信処理料金の単価を引き下げます
    (固定長データの料金引き下げ率 8%、 可変長データの料金引き下げ率 最大50%)
  • EDIデータ通信処理量に応じたディスカウント料金の適用範囲を広げます
    (販売データ[可変長データ分]のみ適用から、全データ種[固定長データ・可変長データ]へ適用)

◎会社概要

名称株式会社プラネット (JASDAQ証券コード:2391)
本社住所東京都港区浜松町1−31 文化放送メディアプラスビル3階
設立1985年8月1日
資本金4億3,610万円 (2010年7月31日時点)
従業員数36名 (2010年7月31日時点)
代表者玉生 弘昌(たまにゅう ひろまさ)
ホームページhttp://www.planet-van.co.jp/

《 本件に関するお問合せ先 》
株式会社プラネット 経営企画室 リリース内容について
第一営業部 料金改定内容の詳細について Tel : 03-5962-0811 / Fax : 03-6402-8421

<1.プラネットのEDIサービスとは>

プラネットのEDIサービスとは


▲ クリックすると拡大画像が開きます


<2.プラネットの新しいEDIセンターマシンの概念図>

新しいEDIセンターマシンの概念図

▲ クリックすると拡大画像が開きます


<3.新しい通信方法への完全切替えについて>

プラネットのネットワークでは2009年に、業界標準EDIネットワークとして国内で最初に、旧来のJCA手順と全銀手順(アナログ方式の古い通信方法)を全廃し、全銀TCP/IP手順・AS2手順(インターネット技術を用いたデジタルの新しい通信方法)に切り換えました。これによりプラネット内で行なわれるデータ変換処理が簡易となったことから、システム原価が低減しました。

新しい通信方法への完全切替え

▲ クリックすると拡大画像が開きます


<4.プラネットEDIサービスの利用メーカー一覧>

下記URLをご参照願います。
http://www.planet-van.co.jp/aboutus/users_b_edi.html


<5.プラネットの株主還元について>

9期連続の増配を予定するなど、ステークホルダー全体への還元に努めています。
下記URLをご参照願います。
http://www.planet-van.co.jp/ir/

一覧ページへ

ページトップへ

会社案内