TOP > 会社案内 > ニュースリリース > 業界業種問わず、BCPの重要性をWebサイトで呼びかけ

ニュースリリース

一覧ページへ

[ 2009年8月7日 ] 株式会社プラネット
プラネットニュース No.84

業界業種問わず、BCPの重要性をWebサイトで呼びかけ
BCP策定状況のアンケート調査結果、BCPの取り組み方などを掲載

 災害や感染症の流行などによる経営への悪影響、損害を最小限に抑えるため、業界を問わず多くの企業がBCP(事業継続計画)の策定や、計画に基づいた訓練に注目し、取り組みを始めています。

 このような状況を踏まえ、株式会社プラネットは業界の垣根を越えてBCPとBCP訓練の重要性を呼びかけるWebサイトを立ち上げました。当サイトでは、プラネットのBCPに対する考え方取り組み実績、消費財メーカー・卸売業を対象に実施したBCP策定状況のアンケート調査結果に加え、2009年9月9日に大規模災害の発生に備えたBCP訓練として開催される「EDI (注1) 障害対応訓練」の概要についても掲載しています。

プラネット BCP Webサイト概要 ( URL http://www.planet-van.co.jp/bcp/
○BCPホーム
○BCPに対する考え方 BCPとは、訓練の重要性
○BCP取り組み実績 プラネットがこれまで実施してきたBCP訓練内容
○BCP訓練実施概要 2009年9月9日(水)に実施する「EDI障害対応訓練」の実施概要
○災害対策アンケート BCPに関するアンケート調査結果
○BCPリンク BCP関連サイトへのリンク(現時点では工事中)

会社概要
名称株式会社プラネット (JASDAQ証券コード:2391)
本社住所東京都港区海岸3−26−1 バーク芝浦
設立1985年8月1日
資 本 金4億3,610万円 (2009年7月31日時点) 
従業員数36名 (2009年7月31日時点)
代表者玉生 弘昌(たまにゅう ひろまさ)
ホームページhttp://www.planet-van.co.jp/

《 本件に関するお問合せ先 》
株式会社プラネット 経営企画室
Tel.03-5444-0811 http://www.planet-van.co.jp

(注1) EDI :
「EDI」とは、「電子データ交換」を意味する略語で、受発注など商取引に関わるデータを企業間で効率よく送受信できるサービスです。プラネットのEDIサービスは現在、消費財メーカー約350社、卸売業約500社が利用しており、流通ネットワークのインフラとなっています。

一覧ページへ

ページトップへ

会社案内