TOP > 会社案内 > ニュースリリース > 第9回JAPANドラッグストアショーにて医薬品説明文書データベースと小売業EDIについて展示・講演を行います

ニュースリリース

一覧ページへ

[ 2009年2月25日 ] 株式会社プラネット
プラネットニュース No.80

第9回JAPANドラッグストアショーにて医薬品説明文書データベースと小売業EDIについて展示・講演を行います

  株式会社プラネットは、3月13日(金)から3月15日(日)に千葉・幕張メッセで開催される「第9回JAPANドラッグストアショー」(主催:日本チェーンドラッグストア協会、後援:プラネットほか)に出展し、ドラッグストア業界における流通システム標準化の動向を踏まえ、医薬品説明文書データベースと小売業EDI(電子データ交換)についての説明を行います。(展示小間番号:5−001)

 また、初日の3月13日(金)に8ホールの特別セミナー会場で開催される「特別セミナー“ビジネスセミナー”」にて、当社取締役2名(黒岩、田上)が講演いたします。時間とテーマは以下の通りです。

◎講演詳細

1.ドラッグストア業界の標準EDI実現に向けて

開催日時:3月13日(金) 11:30〜12:15
講  師:株式会社プラネット取締役 執行役員 営業本部副本部長 黒岩 昭雄
概  要:ドラッグストア業界の体質強化、ローコスト経営の構築に欠かせない取引業務の合理化・効率化実現のためのインフラづくりという観点から、ドラッグストア業界における標準EDIの必要性とその役割を説明します。

2.医薬品説明文書データベースの活用方法

開催日時:3月13日(金) 14:45〜15:30
講  師:株式会社プラネット取締役 執行役員 情報技術本部 副本部長 田上 正勝
概  要:今年6月から施行される改正薬事法により、第一類医薬品を販売する際には、書面による効能・効果や用法・用量などに関する情報提供が義務 付けられます。その対応をサポートする「医薬品説明文書データベース」の活用方法について説明します。
(注1)事前申込はドラッグストアショーサイト内の下記ページより行うことができます。
https://www.drugstoreshow2009.jp/seminar/ (当日受付もございます)
※お申込みは定員になり次第締め切りとさせていただきます。
(注2)3月13日(金)13:00〜14:30に幕張メッセ内の国際会議場で開催される日本チェーンドラッグストア協会会員企業限定のセミナー「EDI特別セミナー/カテゴリーマネジメント事例発表会」でも上記講演と同じ内容をご説明いたします。

 プラネットは、ドラッグストアでの取扱いが多い日用品・化粧品、OTC医薬品、ペットフード・ペット用品、家庭紙、介護用品、健康食品、理美容などの業界で、EDI(企業間電子データ交換)サービスをはじめ、商品データベースなどの各種データベースサービス、「バイヤーズネット」などのマーケティング支援サービスを提供しており、2009年1月末現在で、資材サプライヤーからメーカー、卸売業までのEDIサービスユーザー、小売業の「バイヤーズネット」ユーザー社数の合計は1,300社を超え、流通業界の情報インフラに成長しています。

《 本件記事内容に関するお問合せ先 》
株式会社プラネット 経営企画室
Tel.03-5444-0811 http://www.planet-van.co.jp

(ご参考) 医薬品説明文書データベース

 改正薬事法施行2ヶ月前の4月から提供を開始する「医薬品説明文書データベース」は、OTC医薬品メーカーが登録した説明文書や添付文書の情報を、データとして効率よく小売業・卸売業に届けるというサービスで、関連する業界各団体と協力してプラネットが国内で唯一、提供を行なう予定です。

◎関連リリース:

一覧ページへ

ページトップへ

会社案内