TOP > 会社案内 > ニュースリリース > プラネット、本年度の障害対応訓練を実施 = BCPへの取り組みを鋭意継続 =   株式会社プラネット・プレスリリース

ニュースリリース

一覧ページへ

[ 2007年7月26日 ] 株式会社プラネット
プラネットニュース No.70

プラネット、本年度の障害対応訓練を実施 = BCPへの取り組みを鋭意継続 =   株式会社プラネット・プレスリリース

 株式会社プラネット(本社:東京都港区、代表取締役社長:玉生弘昌、ジャスダック上場:証券コード2391)は、2007年7月に、BCP(Business Continuity Plan・事業継続計画)の取り組みの一環として、大規模障害発生時における障害対応訓練を昨年に引き続き実施いたしました。加えて、首都圏での大規模災害時を想定したEDIサーバー再構築訓練も行いました。

 EDI(電子データ交換サービス)やデータベースサービスなどを提供する、VAN(付加価値通信網)運営会社のプラネットは、日用品・化粧品、家庭紙・介護用品、ペットフード・用品、理美容、大衆薬などの業界のメーカー・卸売業と、原材料メーカー、小売業の計約1,050社が利用する大規模なBtoBネットワークであり、消費財流通業界に不可欠な情報インフラストラクチャーとして機能しています。

 プラネットはインフラとしての社会的責任を果たすべく、遠隔地でのサーバー二重化・データバックアップシステム構築等の設備投資を行うとともに、災害発生時マニュアルの整備ほかの各種事業継続計画書の策定を進めており、徹底したBCP対応を継続しています。

 今回実施した障害対応訓練は、昨年の訓練内容をさらに充実させたものであり、概要は次のとおりです。

●障害復旧訓練
【 7/26実施 】EDI系サービス復旧訓練:
EDIサービス障害復旧訓練、FAX変換サービス障害復旧訓練
Web-EDIサービス障害復旧訓練

【 7/18実施 】Web系サービス復旧訓練:
DBサービス障害復旧訓練、バイヤーズネットサービス障害復旧訓練
●災害対応訓練
【 7/17〜20実施 】EDIサーバー再構築訓練
(首都圏での大規模災害の発生によるハードウェアの破損を想定し、遠隔地でサーバーを再構築する訓練を実施)

【 随時実施 】社内システム復旧訓練、安否確認訓練、消防訓練ほか
 これらの訓練は、プラネットと、ネットワーク運用を担う株式会社インテックが連携して実施したものです。特にEDI系サービス復旧訓練については、ネットワークの稼動ピーク時間帯での障害発生を想定して、関係者(29名)への緊急連絡および、ユーザー担当者(1,239名)への同報連絡網の作動確認、影響範囲の調査と復旧手順の確認を行いました。

《 お問合せ先 》
株式会社プラネット 経営企画室 滝山
Tel.03-5444-0811、http://www.planet-van.co.jp

一覧ページへ

ページトップへ

会社案内