TOP > 会社案内 > ニュースリリース > プラネット、海外でも利用可能な「世界クラウドEDIサービス」を開始

ニュースリリース

一覧ページへ

[ 2011年12月22日 ] 株式会社プラネット
プラネットニュース No.107

プラネット、海外でも利用可能な「世界クラウドEDIサービス」を開始
− 日本卸売業の海外進出を支援 −

 一般消費財の流通を効率化するEDI(電子データ交換)サービスや商品データベースを提供する株式会社プラネット(本社:東京都港区、代表取締役社長:玉生弘昌)は、株式会社インテック(本社:富山県富山市、代表取締役社長:金岡克己)と協力して、中国などアジア地域に進出する国内卸売業向けにクラウドコンピューティング技術を採用したEDIサービス「世界クラウドEDIサービス」を開始することといたしました。

  プラネットは、本年8月13日よりEDIサービスのデータ処理を行うセンターマシンをクラウド型新システムに移行しましたが、4ヶ月を経て安定的に稼動していることを確認し、この度、クラウドの特性を活かして海外でも利用可能な「世界クラウドEDIサービス」として提供してまいります。

 クラウド型新システムは通信回線にインターネットを利用するため、ユーザーのサーバーが世界中のどこにあってもサービスを利用することができます。すでに、一部の外資系メーカーは、海外に設置しているサーバーでプラネットのEDIサービスを利用し、日本国内のメーカー・卸売業間の取引を行っています。

  この特性を活かせば、プラネット・ユーザーの卸売業が海外に進出した場合、国内メーカーとの取引においては、クラウド型となったプラネットのEDIサービスをそのまま利用していただくことができます。

  プラネットEDIサービスを利用している卸売業466社・メーカー406社は、海外でのB2Bオンライン取引が可能となりますが、インターネットEDI通信手順のAS2が必要となります。現在6社の卸売業がAS2を導入し、残りのユーザーはすべて全銀TCP/IP手順を使っていますが、AS2に移行することは比較的に簡単に行うことができます。(注)ユーザー社数は2011年11月末現在

  なお、日本の流通業界で広く使われている旧式のJ手順はインターネットを介したクラウド利用ができません。プラネットは2004年からユーザーに呼びかけてJ手順から全銀TCP/IP手順またはAS2への移行を推進し、2009年10月に全ユーザーの移行が完了しています。

  現在、「世界クラウドEDIサービス」について、株式会社あらた、株式会社大木、ピップ株式会社が利用の検討を始めており、株式会社Paltacも歓迎の意向を表明しています。なお、卸売業が利用を開始する際の初期セットアップや運用保守などの現地導入支援については、プラネットとプラネットEDIサービスの運用を行っている株式会社インテックが協力して体制を整えてまいります。

  さらに、将来、海外に進出した卸売業の取引が拡大して現地メーカーや現地小売業とのEDIが必要になった場合には、ニーズに応じて順次現地の言語対応やフォーマット対応を進めて行く予定です。

《 ご 参 考 》

利用形態 イメージ

クラウド型新システム構成概念図

《 本件に関するお問合せ先 》
株式会社プラネット 管理本部 経営企画室
Tel : 03-5962-0811 / Fax : 03-6402-8421
E-mail : keiei@planet-van.co.jp

《 用 語 》

AS2インターネットEDI用の国際標準のセキュア通信プロトコル。リアルタイムかつ安全にデータを交換できるというメリットがある。
ウォルマートをはじめ、AS2を採用した企業が多い。プラネットはAS2に準拠したインターネットEDIサービスを2005年から提供している。
全銀TCP/IP手順企業・銀行間でデータ交換する際に利用される通信プロトコルである全銀手順をTCP/IPネットワークを使って行うためのプロトコル。
J手順1980年に制定されたEOS用の手順。

一覧ページへ

ページトップへ

会社案内