TOP > お役立ち情報 > もっと知りたい!プラネットのサービス > 活用に必要なマスタとは

もっと知りたい!プラネットのサービス 販売データ

前回は、販売データの概要と標準フォーマットや標準取引先コードなどといった基本的な特徴についてご紹介いたしました。
今回は、販売データを活用する際に重要となるマスタについてご説明します。

  • 1. 販売データの特徴
  • 2. 活用に必要なマスタとは
  • 3. 販売レポートサービスのご紹介

活用に必要なマスタとは

マスタの種類と項目

販売データの中身は、「数字と半角文字の羅列」の情報であり、受信項目もシンプルなので、マスタ変換により属性情報を付加することで更に有効活用ができます。販売データ内の「出荷元コード」「販売店コード」「商品コード」に関連する属性情報として、どの様なものがあるのか紹介いたします。

卸店マスタ/販売店マスタ/商品マスタ

図

主な活用方法と必要なマスタ項目

いくつかの活用方法とそれに必要なマスタ項目をご紹介いたします。

卸別、販売チェーン別、商品別売上(数量・金額)の月次集計

卸別、販売チェーン別、
商品別売上(数量・金額)の月次集計

卸売業から販売本部への売上実績が把握できます。

販売データ項目/必要なマスタ項目

ブランド別、業態別売上実績

ブランド別、業態別売上実績

ブランドごとの業態別の売上実績が把握できます。
どのブランドがどの業態に強いのかといったポジションを知ることができます。

販売データ項目/必要なマスタ項目

店別、商品別の売上実績

店別、商品別の売上実績

各店舗単位の取扱アイテムを確認することができます。
アプローチすべき店舗が明確になります。

販売データ項目/必要なマスタ項目

販売先の検索結果

販売先の検索結果

消費者からのお問い合わせに対し、商品、住所で検索して最寄りの販売店をご紹介できます。

販売データ項目/必要なマスタ項目

販売店マスタのメンテナンス

販売データを活用するためには、販売店マスタの整備が大変重要です。さらに販売店は新店や合併統廃合などで変更がありますので、継続的なマスタメンテナンスが必要になります。そのメンテナンス作業の一例を以下にご紹介いたします。

作業例

1. 変換処理
販売店マスタなどを使って、販売データを集計や加工がしやすい状況に変換します。
2. エラーリストの抽出
販売店マスタに登録のない標準取引先コードを抽出します。
3. 照会
抽出した標準取引先コードを取引先データベースで照会します。
4. 取込
照会結果の標準取引先コードや店舗情報を販売店マスタに反映させます。

※メーカーにおける販売店マスタメンテナンスの詳細につきましては、『PLANETvanvan』91号の「もっと知りたい ! 標準取引先コードVol.4」をご参照下さい。
http://www.planet-van.co.jp/moreabout/ht_codes04.htmlでもご覧いただけます)

サービスに関するお問い合わせ
株式会社プラネット 営業部  Tel:03-5962-0811  E-mail:eigyo@planet-van.co.jp

ページトップへ

お役立ち情報