TOP > お役立ち情報 > もっと知りたい!プラネットのサービス > 販売データの特徴

もっと知りたい!プラネットのサービス 販売データ

自社商品が「どの店舗に・いくつ・いくらで」納品されているのか把握できていますか? 把握していても、月次であったり、フォーマットがばらばらであったりして、正確に実績把握ができていなかったり、作業に時間が掛かったりでお困りではありませんか。
プラネットの販売データは、フォーマットとコードが標準化されており、日々のデータ入手も可能です。今回の「もっと知りたい! 」シリーズでは、販売データの基本的な内容から具体的な活用方法まで幅広くご紹介していきます。

  • 1. 販売データの特徴
  • 2. 活用に必要なマスタとは
  • 3. 販売レポートサービスのご紹介

販売データの特徴

こんなことでお困りではありませんか?

営業部門

販売店の「配荷実績」は把握できていますか?

上司:新規開拓したAAドラッグの売上はどうなっているんだ?

部下:多分、目標達成しているはずですが、来月にならないと…。

上司:来月になれば、店舗ごとの状況もわかるのかね?

部下:チェーン全体の売上しか把握できません。

営業部門

営業統括部門

業態別の売上を把握していますか?

上司:○○ブランドはどの業態で売れているのかね?

部下:多分ドラッグストアだと思いますが…。

営業統括部門

お客様窓口

スムーズな受け答えはできていますか?

お客様:○○石鹸はうちの近くだと、どこのお店で売っていますか?

担当者:お調べして、折り返しご連絡いたします。

営業部門に確認するがすぐに分からず1時間が経過

お客様窓口

システム部門

販売実績の集計・加工に苦労していませんか?

営業部門:先日依頼した資料はもうできた?

システム部門:卸売業ごとの販売実績はフォーマットもコードもばらばらで、まとめるのに何日も掛かって大変なんだよ。

システム部門

ビジネス情報局

プラネット販売データの特徴

販売データとは、卸売業が小売業に商品を販売した実績をメーカーに毎日送信するデータです。

標準フォーマット図

■標準フォーマット
全ての卸売業から標準フォーマットで提供されるため、集計・加工作業が軽減されます。
■標準取引先コード
販売店コードは、どの卸売業からも「AAドラッグ○○店」は「7778888」という同一の標準取引先コードで提供されるため、メーカーでのコード変換作業が軽減されます。
■タイムリーな実績把握
基本的にメーカーへ日々送信いただいています。

活用するためには

サービスに関するお問い合わせ
株式会社プラネット 営業部  Tel:03-5962-0811  E-mail:eigyo@planet-van.co.jp

ページトップへ

お役立ち情報