TOP > お役立ち情報 > もっと知りたい!プラネットのサービス > 商品データベース(3)

もっと知りたい!プラネットのサービス Vol.03. 商品データベースをさらに活用するための各種サービス

商品データベース特集の3回目は、商品データベースを商品マスタや棚割に活用するための便利なサービスと、2013年5月から提供を開始した新サービス「商品データベースプラス」についてご紹介します。

  • 1. 概要のご紹介
  • 2. こんなに役立つ!商品データベース
  • 2. EDIデータでの利用イメージ
  • 3. 商品データベースをさらに活用するための各種サービス

「商品データベースをさらに活用するための各種サービス」

クリッピングサービス

クリッピングサービスは、プラネットの商品データベースに登録・更新された商品情報(文字、画像)を自動で抽出し、データファイルにしてお届けするサービスです。商品マスタや棚割マスタの日々のメンテナンスを強力にサポートします。

クリッヒ?ンク?サーヒ?ス使用例  イメージ

検索やダウンロードのオペレーションを自動化

 前日に更新された商品データベースの情報を抽出して、ユーザー専用URLに日次でデータファイルを配信します。クリッピングサービスを使えば、商品マスタや棚割マスタの整備のために、定期的に商品データベースにアクセスして検 索を行う、といった面倒な手間が不要になります。

最新の正確な情報をタイムリーに入手

 メーカーが直接入力した最新情報を、登録された翌日にダウンロードすることができるので、社内マスタのアップデートはもちろん、業界の動向をいち早く把握するツールとしてもご利用いただけます。またメーカーにとっても、周知したい正確な情報を一斉に配信できるというメリットがあります。

さまざまな抽出条件を設定可能

 ダウンロード用ファイルのフォーマットは「CSVファイル」のほか、棚割ソフトに対応した「マルチメディアフォーマット」、商品マスタに取り込みやすいよう商品コードと画像名称を紐付けた「商品コードフォーマット」から選択いただけます。また、JICFS分類による商品の絞り込みも可能であり、目的に応じて必要な情報だけを効率よく収集することができます。


商品マスタ登録支援サービス

商品データベースの情報を商品マスタの登録に活用し、業務を効率化するサービスとして17社の卸売業と8社の小売業が導入し、各社商品のマスタ情報送受信にご利用いただいている商品マスタ登録支援サービス。導入企業、お取引先のメリットをご紹介します。

1. 導入企業にとってのメリット:マスタ精度の向上、業務負荷の軽減

 商品情報は卸売業・小売業にとって、商品管理や物流などの社内業務の大前提となる非常に重要な情報ですが、お取引先からFAXやメールで届く商品情報には、サイズや商品コード、価格などの入力もれやミス、本来の仕様とは異なる文字(全角・半角)が含まれがちです。また、それらの情報に基づいて社内の登録作業を進める際に入力ミスが発生する可能性があるため、内容のチェックとミスの訂正には時間がかかります。
 商品マスタ登録支援サービスは、マスタ情報を作成する際に商品データベースに登録されている正確な商品情報を活用できることに加え、項目の不足や桁数間違いがないかをシステムでチェックを行いますので、精度の高いデータを、手間をかけずタイムリーに、自社システムへ取り込むことができます。

2. お取引先のメリット:マスタ作成の負荷軽減、利用が無料

 商品データベースに商品の基本情報が登録されていれば※、お得意先の商品マスタ情報を作成する際に商品名などの情報を入力する必要はありません。納入価格や担当バイヤー、商品分類などのお得意先の独自項目を入力すれば済みますので、商品マスタ作成業務の負荷が軽減されます。※マスタ情報を作成する時までに情報を商品データベースに登録する必要があります。
 商品マスタ登録支援サービスを導入している企業のお取引先は無料で利用でき、現在、2,000社を超える企業の8,000名以上の営業担当者に利用いただいております(2014年3月末時点)
 商品マスタ登録支援サービスの詳細につきましては、プラネットのホームページをご参照ください。

(注)小売業向けのサービスについては、新規のご提供を休止しております。

商品データベースプラス

商品データベースプラスは、商品のパッケージに記載されている成分や使用上の注意など、商品の詳細情報を集約・提供するためにつくられた、もう一つの商品データベースです。

多様化する販売チャネルへの対応を標準化

 インターネット販売などを中心に販売チャネルの多様化が急速に進む中、小売業の現場では生活者を意識したより詳細な商品情報が求められています。商品データベースの登録情報では対応しきれないこれらのニーズに対し、メーカーが発信する正確な情報を一元管理して共有し、業界全体の効率化を図る仕組みが商品データベースプラスです。
商品データベースプラスでは、商品の表示成分や使用方法などのテキスト情報と画像情報を管理します。
 商品データベースプラスの情報は、バイヤーズネット上で検索・閲覧、またはクリッピングサービスを使ってダウンロードすることができます。
 なお、商品データベースプラスをより使いやすくするため、今夏にリニューアルを予定しています。詳細は次号でご紹介いたします。

※商品データベースプラスの詳細については、本誌99号(2013年夏)または弊社ホームページをご覧ください。

商品テ?ータヘ?ースと商品テ?ータヘ?ースフ?ラスの違い  イメージ

商品データベース担当者よりひと言

商品データベース、商品データベースプラスは、登録情報が多くタイムリーな更新であるほど、データベースとしての精度と利用価値が向上します。メーカーのみなさまには、今後とも迅速な商品情報の登録をお願い申し上げます。次号の「もっと知りたい!」では、商品データベースプラスのリニューアルに関するお知らせと、商品データベースの今後の展望についてご案内します。

※商品データベースと商品データベースプラスは、個別のサービスとなっております。それぞれ「バイヤーズネット」の業務サービスメニューからご利用ください。

商品データベースのご利用には、企業契約が必要です。詳細はコールセンターまでお問い合わせください。

サービスに関するお問い合わせ

株式会社プラネット CRM部 コールセンター Tel:03-5962-0811  E-mail sc@planet-van.co.jp

ページトップへ

お役立ち情報