TOP > メーカー様向け > 商品データベース

商品データベース商品データベースのご案内(6ページ|1.08MB)


  • 商品データベース概要
  • 商品データベース活用方法
  • 商品データベース登録方法
  • 商品データベースプラス

2.活用方法

メーカー様にご登録いただいた商品の詳細情報は、インターネット上で消費財流通に携わる多くの企業様へと提供され、様々な業務にお使い頂いております。メーカー様の主な活用法についてご紹介します。

もっと知りたい!商品データベース

1.自社商品の情報を一元管理

棚割画像、パッケージ裏面の記載内容や物流向けの情報など、自社商品に関するさまざまな情報は、商品データベースに登録することで一元管理できます。
そのため、商品情報をスピーディーかつ正確に、お取引先や自社営業部門に提供することができます。


2.営業活動の効率化

インターネットにつながる環境なら、営業ご担当者は出張先でも商品情報を入手して、企画書や提案書の作成にご利用いただけます。


3.自社商品の認知度アップ

商品データベースは多くの卸売業様、小売業様にご利用いただいております。貴社商品の認知度向上策の一環として、商品データベースへの登録をぜひご検討ください。
なお、ご登録いただきますと、自社の商品情報のダウンロード実績(企業名、アイテム数)をご確認いただけます。


4.生活者を意識した情報の管理

2013年5月にスタートした「商品データベースプラス」にご登録いただくと、パッケージの裏面に記載されている成分や使用上の注意などの詳しい商品情報を、正確かつ効率的に、消費財流通に携わる多くの企業様に提供できます。


お問い合わせ先

商品データベースに関してご不明な点などありましたら、下記窓口にお問い合わせください。

●お電話でのお問い合わせ
株式会社プラネット CRM部 コールセンター

Tel.03−5962−0811

●Web画面からのお問い合わせ

お問い合わせはこちら

ページトップへ

メーカー様向け