TOP > メーカー様向け > 基幹EDI

基幹EDIサービス基幹EDIパンフレット(4ページ|1.27MB)

基幹EDIサービスは、メーカーと卸売業の商取引の基幹となる受発注、出荷、請求・支払などの電子データ交換(EDI)を、数多くの取引先と確実に効率よく行うサービスです。
このサービスは、日用品・化粧品、ペットフード、ペット用品、理美容業界、OTC医薬品業界などで既に多くの企業に利用されています。

基幹EDI利用 メーカー一覧卸売業一覧

  • 1.標準化されたEDI
  • 2.基幹EDIサービスの特徴
  • 3.100%EDIを実現する
  • 4.相互変換機能

3.100%EDIを実現する

基幹EDIサービスは、利用している企業間では効率の良いEDIが行われますが、基幹EDIの準備ができていない卸売業とは当然ですがEDIの接続はできません。とはいえ、EDI利用による業務のスピードアップやコストダウンはメーカーにとって大きなメリットです。なんとかしてすべての取引先と100%EDIを行いたいと考えます。
そこで、プラネットはメーカーのEDI比率を上げるため、EDIを補完するサービスとしてWeb発注やFAX変換サービスを用意しました。

Web発注サービス

Web発注を利用いただくと、メーカーは基幹EDIの準備ができない卸売業からも発注データを受信することができます。メーカーからの依頼により、卸売業はWeb画面に発注情報を入力します。入力された発注データは、商品データベースに登録された商品情報をチェックするので、精度の高い発注データになります。なお、Web発注サービスには、卸売業の商品選択や入力作業を軽減する以下の機能があります。

  • ハンドスキャナ発注
    専用のスキャナーで商品や外箱のバーコードをスキャンして発注数量を入力します。
  • 台帳発注
    メーカーが専用の発注台帳を設定できます。卸売業は発注台帳に発注数量を入力します。
  • 商品検索発注
    商品データベースを検索して商品を見つけて発注数量を入力します。

FAX変換サービス

基幹EDIデータをFAXに変換して卸売業に出力することができます。
対象のデータ種は品切れ連絡データ、仕入データ、請求鑑データです。

ページトップへ

メーカー様向け