TOP > お役立ち情報 > EDIとは > EDIサービス紹介(活用編)

EDIとは.EDIサービス紹介(活用編)

13 仕入データとは

「仕入データ」は、受注側企業が発注側企業に商品を納入した売上内容を示すデータで、従来の仕入伝票(仕切書や納品書など)に代わるものです。「仕入データ」の利用によって、発注側企業、受注側企業は次のように効率化することができます。

発注側企業のメリット

発注側企業の業務の効率化は「仕入データ」を自動連携させることにより、
買掛データ入力のための仕入伝票の手入力が不要となり、買掛計上処理の省力化、および入力ミスの削減ができます。
買掛計上がデータ到着日にでき、日々の買掛状況が把握できます。
受注側企業の当日の納入予定商品と数量が事前にわかるために、入荷予定リストを作成し入荷検品作業の効率化ができます。
発注ファイルと連動させることにより、発注商品と入荷商品の突合せができ未納商品を把握することができます。またこれにより、二重発注の防止も可能になります。
直送分の売上・売掛処理へ連動させることにより、直送分の売上・返品の手入力が不要となり、売掛計上処理の省力化と即日の計上、および入力ミスが軽減できます。

受注側企業のメリット

現在ではオンライン受注比率100%を達成している受注側企業も少なくなく、受注側の作業効率化にも大きく寄与し、コスト削減、省力化などにつながっています。
仕入伝票に関わる、印刷代、郵送代、伝票用紙代が削減できます。
従来の郵送に比べて、早く伝票を発注側企業へ届けることができます。

仕入データ

仕入データ
仕入伝票をデータにしたのが「仕入データ」

ページトップへ

お役立ち情報