TOP > お役立ち情報 > EDIとは > EDIサービス紹介(活用編)

EDIとは.EDIサービス紹介(活用編)

12 発注データとは

「発注データ」は、発注側企業から受注側企業への注文内容を示すデータです。データ内容の設定次第で、条件付発注、直送発注、着荷日指定発注などの対応も可能となります。発注方法は一般的にコンピュータで「発注データ」を作成する方法の他に、『Web発注サービス』を利用して簡単に「発注データ」を作成し送信する方法もあります。一方、受注方法も一般的にコンピュータで「発注データ」を受信する方法の他に、『Web受注サービス』を利用して簡単に「発注データ」を受信し確認する方法もあります。「発注データ」の利用によって、発注側企業、受注側企業は次のように効率化することができます。

発注側企業のメリット

電話やFAX(発注票)など人手による煩雑な発注作業がなくなります。
複数の取引先に対する発注もデータ送信先がプラネットだけで済み、発注のスピード化につながります。
発注側企業の在庫管理システム(発注点管理)と連携することで自動的に発注情報を作成することも可能になります。また、発注モレがなくなります。
受注側企業から送られる「仕入データ」と照合することで、入荷管理及び買掛計上処理に連動することが可能になります。
FAX発注システムの利用により、すべての取引先とオンライン発注が可能となります。

「発注データ」の利用によって発注側企業にはコスト削減、作業の効率化という点でメリットが生まれます。発注にかかる時間と人手を省力化でき、それにより利用可能となった時間と人手を質の高い管理に振り分けることで、発注側企業の管理レベルの向上につながります。
現在ではオンライン発注比率100%を達成している発注側企業も少なくなく、発注側の作業効率化に大きく寄与し、コスト削減、省力化などにつながっています。

受注側企業のメリット

電話やFAXによる受注業務がなくなるとともに、「発注データ」を自動的に取り込むので、受注入力作業などがなくなります。
電話による聞き違い、FAXの読み込み違い、転記ミス、入力ミスが防止されます。
複数の発注側企業からの発注もプラネットから一括で受信できます。
「発注データ」による受注を増やすことによって、受注拠点を集約することも可能となります。
FAX発注システムの利用により、すべての取引先とオンライン発注が可能となります。

現在ではオンライン受注比率100%を達成している受注側企業も少なくなく、受注側の作業効率化にも大きく寄与し、コスト削減、省力化などにつながっています。

発注データ

発注データ
「発注データ」はEDIの序章

ページトップへ

お役立ち情報