TOP > お役立ち情報 > EDIとは > EDIサービス紹介(活用編)

EDIとは.EDIサービス紹介(活用編)

11 EDIを利用した業務フローとは

発注側企業の業務フローとプラネットEDIデータ

基幹業務において

発注側企業の主な基幹業務は、発注業務、発注商品の入荷検品業務、買掛計上業務、受注側企業からの請求と自社買掛との照合業務、支払業務があります。プラネットのEDIデータはそれぞれに対応して、発注業務には「発注データ」、買掛計上業務には「仕入データ」、受注側企業からの請求と買掛との照合業務には「請求照合データ」と「請求鑑データ」があります。
また、発注業務は発注側企業と受注側企業の取引の発端となるもので、それに対応した「発注データ」は企業間EDIのキックオフデータとなります。企業間取引における様々な業務の効率化のために、「発注データ」をはじめとして、これらのデータをそれぞれの業務システムと自動連携させ、業務の効率化、省力化、正確化、コストダウンに効果を挙げていただくことができます。

分析系業務において

発注側企業の主な分析系業務としては、販売店の販売分析があります。プラネットのEDIデータでは販売店の販売分析に対応して「販売データ」があります。受注側企業に「販売データ」を提供し、双方での分析結果をもとに販売店へのきめ細かい提案を行うことができます。

受注側企業の業務フローとプラネットEDIデータ

基幹業務において

受注側企業の主な基幹業務は、受注業務、受注した商品の出荷業務、出荷した商品の売掛計上業務、請求業務があります。プラネットのEDIデータはそれぞれに対応して、受注業務には「発注データ」、出荷した商品の売掛計上業務には「仕入データ」、請求業務には「請求照合データ」と「請求鑑データ」があります。
これらのデータをそれぞれの業務システムと自動連携させ、業務の効率化、省力化、正確化、コストダウンに効果を挙げていただくことができます。

分析系業務において

受注側企業の主な分析系業務としては、販売店の販売分析、流通在庫分析などがあります。プラネットのEDIデータでは、販売店の販売分析に対応して「販売データ」、流通在庫分析に対応して「在庫データ」があります。「販売データ」をデータソースとして詳細な分析ができ販売店へのきめ細かい提案を行うことができます。また、「在庫データ」をもとに、詳細な流通在庫の把握・分析が可能となります。

EDIを利用した業務フロー

EDIを利用した業務フロー
EDIを利用すると業務の自動化ができる

ページトップへ

お役立ち情報